感ぢる日記

西村つむぎの日記。この世はワンダーランドで日常は魔法でできてる。Contact⇒ loteorga@gmail.com

歩く歩く

よく晴れた日。予報では雨が降るかもしれない、とあったけれど散歩日和だし散歩がしたい歩きたい。予測変換で「歩きたい」が「ある期待」に変わって無駄な衝撃。期待ばかりしてても始まんないんだよこちとらぶつくさ

 

最近買ってしまったポラロイドカメラを持ってレッツ散策。いまどき大きなカメラで重くてしょうがない。地に足の着かないわたしにはちょうどよい重り。

 

てくてくてくてく川沿いを歩く。目的は特になくて、とにかくここからここまで歩こう、となんとなあくのプラン。ほぼノープラン。疲れたらカフェに入る。気になるお店があれば入る。ふと立ち止まってもよい。

 

ひとつだけ、引き返すことだけはしない。

 

いろんな過去が、記憶や場所、言葉が張りついている。目を閉じれば恐ろしいほど鮮明に過去を訪ねられる。けれども振り返ってる時間なんかないんだよと目を開く。

後戻りできないところまで来たんだから進めーと、命令を下すわたしがいる。

待って待ってと後ろから追いかけてくるわたしもいる。

ひたすら逃げるように 進む、進む。

 

手強いけれど上手に付き合ってくしかない。

 

こんなにやわくプーでおっちょろろいな大人になるとは思ってなかった!

大人というのも数字だけだけれど、

ほんとに目を閉じれば過去どころか未来に来てしまった気分 だ。

こんなはずじゃなかったあて、どうしてこうなったあて。思うよとほほ。

 

しかし人間不思議なことに後悔してない。戻りたいとか一切思わない。

いまのわたしはどうしようもなくどうしようもない人間かもしれないけれど

それでもいまのが以前に比べれば楽しいしなんとかなるなる精神である。

ドドドネガティブだけれど楽観的なところもあるんだねへええ

 

感心している場合ではない

 

 

 

 

在学中に作品ノートとして、アイディアや思いついたことを書くネタ帳をふと開いてみたら

 

「同じことを繰り返すくらいなら死んでしまえ!!」

 

って書いてあった。我ながら暴力的でドン引きです

 

当時の自分に投げ掛けた言葉だろうけれどいまの自分にも刺さる痛い。

日常は同じことの繰り返し。死んでしまえって表現はあまりに酷いわ

 

 

死ぬことはできないけれど

毎日、目覚め直すことはできるかなあ