読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感ぢる日記

西村つむぎの日記。この世はワンダーランドで日常は魔法でできてる。Contact⇒ loteorga@gmail.com

昆虫女子会

昨晩は多摩美同期の女子数人で女子会を開いた。

その名も我らが「昆虫女子会」。

それぞれ皆ちょっとキモイので。いやだいぶキモイ、か。

 

見た目は至って大人しそうで真面目に見える、彼女達。

ファッションは元美大生あるあるで多少個性的な部分もあるけれど、

基本的には可愛い。各々「天然ぽい」とよく言われるくらい、ふんわり女子。

 

 

だがしかし

 

 

それぞれダークサイドありの、割とひねくれぶっ飛び思考の持ち主なので

集結すると大変だ。もはやお前ら四天王かというレベルだ。

泣く子も黙るテンションの高さ!(※断じてメンヘラとは違うよ!)

 

話の内容が大体キモイのと、ふんわり女子もテンションがぶち上がると

だんだんカマキリみたいに見えてくる不思議から「昆虫女子会」と名付けられた。

 

 

 

「最近ストーカーに遭っててさぁ」

「え〜〜大変だね 大丈夫?」

「何か対策ないかな??」

「(ストーカーの前で)土とか食べればいいと思う!!」

「なにそれ超名案!」

「これは良い肥料を使っている...!とか食べながら呟けばいいんじゃない?」

「最高だな!」

 

 

モテる女子は大変ですね。日頃の苦労が偲ばれます......。

ちなみにこの後、焼酎ボトルを空けたり、店内で約一名行方不明になったりと、

数々のエピソードを残す一夜となった。

 

 

在学中はお互いがお互いを「ブッコロス!」とか思っていたくらいのわたし達。

卒業し時を経て、こんな風に和気あいあい(どちらかと言うと奇々怪々)とお酒を飲めるようになるなんて想像もしなかったことだろう。

気心の知れた仲間とぶっちゃけトークをしていると、救われると同時に、わたし達にはなんでもできるんじゃないかなあなんて思ったりさえする。

魔法少女でもなんでもないけれど、世界やスケールを感じる。

 

 

きっとそれは、未知の可能性なんだろうな。

 

 

いまは前夜祭。

あと、もう少し。