感ぢる日記

西村つむぎの日記。この世はワンダーランドで日常は魔法でできてる。Contact⇒ loteorga@gmail.com

変化

f:id:nishimurazill:20160515213313j:image

わたしは定時制(夜間)のデザイン系の高校を卒業した後、

多摩美の夜間学部に入学、卒業した。

 

四年間の学生生活を計二回、八年間夜間部の学生として過ごした。

昼間はアルバイトをし、夜は大学に通ったり散々遊んだりした。

アルバイトからの大学からのクラブへ、なんて今では考えられないスケジュールをヒョウヒョウとこなしたりしていた。

週の半分は飲みに行ったり、何をしていたんだかよくわからないことも多々あるけれど思う存分楽しんだり苦しんだりしたなあという印象。

お金を稼ぐために水商売を始めたり、とにかく忙しかった。

 

クラブも学生時代から音楽系やアングラ系と色々な所へ出向いた。

好きなアーティストのライヴにも行ったりした。

有難いことに時にはイベントでファッションショーのモデルをお誘い頂いて引き受けたり、写真のモデルを行ったり、GOGOダンサー等の盛り上げ役の依頼を頂いたりして、ちょこちょこあらゆるイベントに顔を出していた。

以前ブログに書いた緊縛ショーのモデルの件も、こういった経緯からだ。

 

 

こう書くとわたしはどう見えるだろう?

派手な私生活を送る学生だった?破天荒な性格だった?華やかな世界の住人だった?

 

 

 

ある意味でそうだったかもしれない。

 

 

でも、実際のわたしはというと、自分で言うのも変かもしれないけれど非常におとなしく内向的な性格だった。

普段の自分とはギャップのありすぎる世界で、理想の自分を追い、居場所を求め、いつしか移住するようになった。

 

 

最初は楽しく良くても、いつの間にか違和感が生まれてくる。

望んだわたしになって望んだ場所でキラキラしているはずなのに、心境は複雑だった。

 

 

 

色々なことに気がつき始めた。

 

 

わたしはもっと広い世界を見てみたいんだなあとか、

夜の世界とかアングラとかも魅力的だったけれど、今の自分には合わないんだなあとか、

そういう点としては通過点だったんだなあとか、

趣味もいいけれど自分らしい職を持ちたいなあとか、

 

複雑に感じていた原因や、なにを必要としているのか、

なにが見たいのか、なにが知りたいのか、

 

 

そんなことをぼんやり感じたり考えるようになった。

 

 

でもこれらすべての、夜の世界に出入りして様々な刺激や影響を受けた上で

わたしは貴重な経験ができたし、勉強になったし、視野が広がった。

 

 

さて、わたしはこれからどこへ向かうでしょう?

わたしが知りえないこともたくさんたくさんあるでしょう。

予想しないこともたくさん起こるでしょう。

 

 

ゆっくりしっかり、わたしの未来をみつめます。

幸いなことに今が一番と言える。

辛いことも悲しいことも毎日毎日、それでも大丈夫だなあなんて意味不明な根拠もある。

 

 

なんだろうね、無駄な自信かもしれないね。

 

 

それでも面白く生きたいから、なるべく楽しく生きたいから

 

 

時間が経つことで、いつの間にか趣味や思考が変わること、

合っていたものが合わなくなったり、すれ違ったり、ぶつかったり、

それによって葛藤したり嘆いたり問題が起きたりする。

 

 

変化って不思議だなあと常々思う、けれど それはそれでよいものだなあとも思う。

 

 

なんだかとっても人間らしいよね。

 

 

前進あるのみ !